トポロジー

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「トポロジー」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「位相幾何学」の項目を執筆しています。
コーヒーカップとドーナツはトポロジー的にはどちらも穴が1つの全く同じ物である。
フェンスの穴の数は…

トポロジーは、コーヒーカップドーナツが等しい物と証明した理論[1]

概要編集

トポロジーでは、穴の数が同じものは等しいと考える。

冒頭で説明したようにこの理論ではコーヒーカップとドーナツは、等しい物になる。コーヒーカップとドーナツはどちらも穴の数は1つであり、トポロジー的には、どちらも同じ物である。

つまり、トポロジーは、穴の数が同じであればどんな物でも同じということである。逆に言えば、穴の数が違う場合、どんなに似ている物でも違う物になる。

例えば、スリッパとサンダルは形が似ているが、トポロジー的には全く違う物になる。スリッパの場合穴は0だが、サンダルの場合1、もしくはそれ以上であるため、全く違う物になる。

編集

この節ではトポロジー的に同じとされる物の例をいくつかあげる。

このように、全く違う物でも同じ物になったり、似ている物でも違う物になることがある。

0個編集

穴の空いていない物は全てここに入る。

ボールバケツ靴下新聞タンス電子レンジ鉛筆など全く違う物でも穴が無いとしてトポロジー的にはこれら全てが穴の数が0の同じ物となる。

1つ編集

確かにドーナツとベーグルはどちらも食べ物であり、似ていると言われれば似ている。しかしこの理論では、ドーナツと穴の空いた靴下がなんと同じ物になってしまう。ドーナツは食べられるが、穴の空いた靴下、言ってみれば使い古した靴下は誰も食べようとは思わないだろう。 また、大切な人との別れによりポッカリ穴の空いた心もドーナツや穴の空いた靴下と同じものになる。つまり、別れなどこの世界ではごくありふれた事物の一つだ。それなのになぜだろう、涙が止まらない。

2つ編集

  • あの人がよく履いていたズボン[3]
  • あの人の筋の通った[3]
  • あの人がくれた伊達メガネ

これらはどれも穴が2つであり、同じ物である。ズボンと鼻という全く違う物がこの理論では同じ物となる。思えば、あの人はいつも私に同じ物をもたらしてくれたような気がする。うまく言葉にはできないが、存在を感じるたびに胸が暖かくなる気持ちだ。今思えば、それこそが幸せというものだったのかもしれない。

3つ編集

洋服やプレッツェルは穴の数が同じ3つである[2][3]。しかし、プレッツェルでできた洋服はなかなか創造できない。それらが同じであるとは驚きである。あの人に教えたら、何と言っただろう。いつも最後まで、私の話を聞いてくれた。どんなに突拍子のない話も、優しく笑って受け入れてくれた。そんなあの人は、もうどこにもいない。

4つ以上編集

ハシゴは段の数によって穴の数が変わる。

フェンスゴミ箱ネットなどもかなり沢山の穴がある。また、人生にも思いがけない落とし穴が沢山あるので同じ物と言えるだろう。こんな雨の日は、空もきっと穴だらけだ。うっかりあの人が空から降ってきてはくれないだろうか。そんなことを想像し、乾いた笑みが零れた。

結論編集

このようにトポロジーでは、穴の数が同じであればどんなに違う物でも同じ物となり、その反面穴の数が違えばどんなに似ている物でも違う物となる。

言ってみれば、「穴の数だけで物を分類する」それがトポロジーである。

また、生きている以上心に穴が空くことは避けられないが、それを乗り越えて生きて行かなければならない。あの人のためにも、笑顔でいた方がいいよね。だけど今は泣かせてください。涙が枯れたら、思い切り笑い飛ばしてやるから。あの人の分まで、笑って生きていくから。

脚注編集

関連項目編集


この項目「トポロジー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)